不動産

【銀行融資】不動産への融資の本承認

本承認通知

本日、銀行より電話にて正式に本承認の通知。先日に給与証明を提出して以来、何度か銀行通帳の内容確認をされて、ようやく不動産の融資の本承認が通ったとの事。

確認された内容はなんと料理教室へ通った際の振り込み。

担当が「お前、もっと融資先の情報をとってこい!」と上司にどやされたのか、銀行通帳で見つけた料理教室への振込内容に関して、

「えーとですね、この料理教室の振り込みに関してなんですけど、これはどのような物なんでしょうか?」

「え、それは勤続年数が少ないので、長期勤続のリスク、つまりは転職を心配されているんですよね? 大丈夫です。仕事好きなので脱サラして飲食店を出す気は一切ありませんので。」

「あ、はい。そうなんですよ。この件、やはり上司が懸念というか。やはり大きなお金ですので、私どもも確認をすることになっておりまして」

などと、最近の融資の話などの世間話をしながら、一緒に上司への説明の内容を考えたりしていました。

同時に不動産仲介業者にも本融資承認の連絡が通知されているらしく、

「おめでとうございます!本融資がおりました!」

とのこと。融資が通るのはあまりめでたい気がせずでしたが苦笑 まぁ、それは仲介業者からすればめでたい事は間違い無いのですが。しかし、色々とお世話になっているので担当者が喜んでいるのは良かったですね。

本承認後にもやる事は山積み

さて、これで本承認がおりたとの事でやることを確認すると中々山積み。。

  • 金消契約
  • 施工検査(建物のチェックを売主、仲介業者、管理会社で行う)
  • 引き渡し・決済
  • 建物名称決定

取り急ぎは賃貸の募集開始です。引き渡し日が迫ってきている中でなるべく早く賃貸募集を行い、引き渡し時には1件でも決定していることを目指します。

本職がマーケティングとの事もあるので、賃貸募集要項は個人的には拘りポイント。アピールポイントを明確に絞った上での募集を行いたいと思います。

賃貸での募集で、本職のマーケティングのスキルが活きるのかどうか。実はちょっと楽しみにしています。前々から、賃貸募集に関しては「もっとこうすればアピールできるのになぁ。」「あ、これ言いたい事多すぎでごちゃごちゃしているなぁ」とあーだーこーだと好き勝手に思っていましたが、いざ自分がやってみて結果が出るかどうか。

今の所意識しようと思うのが以下の3点。

  • しっかりとした写真撮り(インターネットで出てきた際にしっかりと綺麗に写真が写っているか)
  • マイソク(募集要項)の絞り込み。仲介担当がお客様へ直ぐにアピールできるような説明資料
  • 物件内覧時の準備(内覧時に決めきれるように、アピールポイントは物件内で準備。担当者用のスリッパなどの備品も用意)

さて、今年ももう11月であっという間ですが、12月はいよいよ完成物件引き渡しが迫ってきています。残り1ヶ月を無事に終えて年越しを迎えられますように!

-不動産

Copyright© とうますのアメリカ株.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.