複利の力

【30代 / 40代】積立てと複利で必ず2000万円貯める方法

老後2000万に揺れた1

今年は2000万というワードが大きく世の中に浸透した年でした。証券会社や不動産業者など、多くの金融商品又は資産運用での問い合わせが急増した1年だったとのこと。

2000万というとかなり途方もない金額の様に思えますが、年月をかけて積立をしていくと実は達成不可能な金額ではありません。問題は2000万という金額を時間をかけずに考える事であって、短絡的に退職金や短期金融商品に目を向けるのは安易な発想です。

以前の記事では毎月3万円で1000万を貯める方法について取り上げました。

【複利とは】 / 毎月3万円で1000万円を貯める方法

前回の記事では20年目までしか取り扱っていませんでしたが、本記事では2000万に焦点を当て、30年後も含めた色々な状況で考えていきたいと思います。

老後2000万円を貯めるには?

さて、積立額と金利そして期間を複数とって資産額を出してみました。

積立額 毎月3万円 毎月3万円 毎月3万円 毎月5万円 毎月5万円 毎月5万円
金利 0% 複利3%で積立 複利5%で積立 0% 複利3%で積立 複利5%で積立
1年目 36 36 36 60 60 60
5年目
180 191 199 300 318 331
10年目 360 412 452 600 687 754
20年目
720 967 1190 1200 1612 1983
30年目 1080万円 1712万円 2391万円 1800万円 2854万円 3986万円

出して見るとびっくりされる方も多かったと思います。ちなみに私の周りでは「あ、結構貯まるんですね。。」とエクセルを見て良い意味でも驚きが多い結果でした。

結論として以下の3つのパターンで2000万は達成できていました。

  • 毎月3万円で金利5%での複利で30年
  • 毎月5万円で金利3%での複利で30年
  • 毎月5万円で金利5%での複利で30年(20年でもほぼ達成

さて、ここからは具体的に年代別で何が必要かを見ていきます。

*ここでは複利の出し方はエクセルでも簡易で作れるため、興味のある方はこちらも参照下さい。

エクセルで10分 / 複利積み立て資産運用シートの作り方とテンプレート

30代からの毎月5万円で2000万円は達成可能

これを年代別に当てはめて見ますと、毎月5万円を積み立てた場合、金利が0%の場合でも30年後には1800万円とほぼ2000万円の積立が可能です。

ここに金利を3%、5%と2つを考えて見ると3000万円まで見えてきます。早くからの積立と複利の効果を得ていると全く問題なく2000万円は達成可能と言い切れます。

毎月5万円積み立て 毎月5万円を"金利3%"複利で"積み立て 毎月5万円"金利5%"複利で"積み立て
1年目 60 60 60
5年目
300 318 331
10年目 600 687 754
20年目
1200 1612 1983
30年目 1800万円 2854万円 3986万円

30代からの毎月3万円では複利の効果が必要

積立額を3万円と減らしますと話は違ってきます。単純での積立額では1000万円と目標の半分も届きません。2000万円を達成しようとすると複利での効果を得られないと達成は不可能です。

毎月3万円積み立て 毎月3万円を"金利3%"複利で"積み立て 毎月3万円を"金利5%"複利で"積み立て
1年目 36 36 36
5年目
180 191 199
10年目 360 412 452
20年目
720 967 1190
30年目 1080万円 1712万円 2391万円

40代からは複利の力が必須

40代からの積立を考え始めた方に関しては、積立金額を増やす必要があります。60代での2000万が必要とし、20年での積立での試算をいくつかまとめて見ます。

40代からの積立でも、毎月7万円を積み立てていればほぼほぼ達成可能そうです。

毎月5万円積み立て 毎月5万円を"金利3%"複利で"積み立て 毎月5万円"金利5%"複利で"積み立て
毎月7万円積み立て 毎月7万円を"金利3%"複利で"積み立て 毎月7万円"金利5%"複利で"積み立て
1年目 60 60 60 84 84 84
5年目
300 318 331 420 446 461
10年目 600 687 754 840 963 1056
20年目
1200万円 1612万円 1983万円 1680万円 2257万円 2775万円

40代からの毎月8万円で2000万円は達成可能

さて、もう少し確実なものとすべく毎月8万円だとどうでしょうか。こちらは7万円と違って、2000万円は確実に達成可能です。それどころか金利5%のケースでは3000万円まで伸びています。

毎月8万円積み立て 毎月8万円を"金利3%"複利で"積み立て 毎月8万円"金利5%"複利で"積み立て
1年目 96 96 96
5年目
480 509 530
10年目 960 1100 1207
20年目
1920万円 2579万円 3174万円

2000万円を貯めるためのまとめ

ここまで色々なケースを見てきましたがまとめます。

30代での2000万達成のための積立試算まとめ。

30代では毎月5万円を積み立てていれば確実に目標は達成できます。毎月5万円が厳しいという方は3万円でも複利が得られるものにしましょう。

  • 毎月3万円で金利5%での複利で30年 2391万円
  • 毎月5万円で金利0%での複利で30年 1800万円

さらに複利が効果を発揮するのが金利を仮に3%以上とすると3000万円が見えてきます。

  • 毎月5万円で金利3%での複利で30年 2854万円
  • 毎月5万円で金利5%での複利で30年 3986万円(20年でも2000万円ほぼ達成

40代での2000万達成のための積立試算まとめ。

0代では毎月8万円を積み立てていれば確実に目標は達成できます。毎月8万円が厳しいという方は円でも複利が得られるものにしましょう。5%が最低ラインですが、このあたりですと再配当株でも心もとないため、積み立ての金額を6万円でも、7万円でも多くすることをお勧めします。

以下2000万円のまとめです。

  • 毎月5万円で金利5%での複利で20年 1983万円
  • 毎月7万円で金利3%での複利で20年 2257万円
  • 毎月8万円で金利0%での複利で20年 1920万円

さらに2000万以上のケースとしてはと

  • 毎月8万円で金利3%での複利で20年 2579万円
  • 毎月8万円で金利5%での複利で20年 3174万円

積立というと地味で資産の増加を感じにくいと思いますが、2000万という金額に単に怯えるのではなく、しっかりと日々の積み重ねを行えば不安に思うことはありません。気長にコツコツと続けていきましょう!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
よろしければ応援クリックお願いします

-複利の力

Copyright© とうますのアメリカ株.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.