確定拠出年金

【確定拠出年金】4月の積立評価額は82万円でした

企業型確定拠出年金

3月の記録はこちら

【3月】確定拠出年金の積立記録

目次企業型確定拠出年金みずほ信託外株インデックスS3月の評価額 企業型確定拠出年金 2月の記録はこちら https://us-kabu.com/kakutei-2020-feb/ 基準に関しても以下の ...

続きを見る

基準に関しても以下のものに変更はありません。

    • インデックスファンド
    • 販売手数料が0円
    • 信託報酬が0.5%以下であること ※0.3%以下であればなお良い
    • 分配金はなくても良い
      ※確定拠出年金の場合は分配金が再投資に回されるため

みずほ信託外株インデックスS

今月も変わらずに確定拠出型年金の割合はみずほ信託外株インデックスSの一択です。

ポートフォリオも何もない円グラフです。。

これは日本以外の世界の先進国の株価指数である MSCI KOKUSAI インデックスに連動したものです。

MSCI KOKUSAI インデックス
日本を除く先進国22ヵ国に上場する大・中型株のうち、約1,300銘柄を採用。市場カバレッジ85%を目標に浮動株調整後時価総額の上位銘柄から採用。大型株・中型株が時価総額(価格×流通株数)の大きい順で組み込まれています。

この時価総額が多いというのがポイントで必然的にアメリカ株が多くを締めることになります。


結果として上位銘柄として含まれているのはアップル、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブックなどのハイテクから、ジョンソンアンドジョンソンやエクセンモービルのような配当株まで広くカバーしています。

 

つまりは、これを買っておけばアメリカの上位株を網羅できるというわけです。こんなに魅力的なものはありません。

4月は市場が底値から回復をしてきました。

4月の評価額

4月は評価額 823,769円 (先月比 +10万円) となりました。

時価評価額 取得金額 評価損益
823,769 865,020円 ▲41,251円

 

取得金額と評価損益と推移は以下です。マイナス幅が先月より大分解消されています。

1番底からの上昇傾向は見えますが、コロナの収束は見えません。一方で今月の決算ラッシュでは主にハイテク株が好調な決算を反映し、軒並み株価は上昇。コロナ前の水準まで戻してきています。

今の所このポートフィリオはリバランスするつもりもないため、コツコツと積立を継続して行くのみです。変わらずに今後20年は現状の米国中心の株式のまま運用です。

このペースで進めれば、確定拠出年金だけでも20年後には1000万は確実に、また30年後では2000万,3000万といった金額も見えてきます。

これは企業に勤めている大きなメリットですね。一方でこちらの確定拠出年金は全く当てにせずに資産運用している為、老後のヘソクリ?として楽しみにしています。

積み立てや複利に関しては、読んでいない方は以下の記事も参考にどうぞ。

【複利とは】 / 毎月3万円で1000万円を貯める方法

目次20年間の積立投資の結果は複利とは複利は宇宙で最もパワフルな力だ / アインシュタイン単利と複利の違いは複利は時間をかけることで大きな効果を得られる100万円を複利(3%)で20年運用した場合とは ...

続きを見る

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
よろしければ応援クリックお願いします

-確定拠出年金

Copyright© とうますのアメリカ株.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.